EyeCatch

アニメ『うちの師匠はしっぽがない』は面白い?つまらない?感想・評価

2022年秋アニメとして、上方落語を舞台とした『うちの師匠はしっぽがない』が放送開始されましたが、このアニメは面白い?それともつまらない?それぞれの感想をまとめ評価していきたいと思います。

ⒸTNSK・講談社/春来亭活動写真部

『うちの師匠はしっぽがない』は、2019年1月よりTNSKさんによって連載開始された落語漫画となっています。

主な制作スタッフは以下になります。

原作:TNSK

監督: 山本 秀世

シリーズ構成・脚本: 待田 堂子

キャラクターデザイン・総作画監督: 山内 遼

アニメーション制作: ライデンフィルム

シリーズ構成・脚本を担当するのは、「SHOW BY ROCK!!」や「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」、同時期に放送開始された「農民関連のスキルばっか上げてたら何故か強くなった。」なども手掛けた待田 堂子さん

キャラクターデザイン・総作画監督は、「憂国のモリアーティ」、「バブル」、「よふかしのうた」などの作画監督を制作した山内 遼さんが担当し、今回が初めてのメインキャラクターデザインになります。

そしてアニメーション制作は、「東京リベンジャーズ」や「よふかしのうた」、2023年に放送が決まっている「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」など、多くの人気作を制作してきたライデンフィルムです。

このような制作陣によって作られる『うちの師匠はしっぽがない』ですが、一体どのような内容のアニメであり、どういった要素が面白くつまらないのでしょうか?

このアニメを視聴するか迷っている人に向けて紹介して思います。

『うちの師匠はしっぽがない』あらすじ

豆狸の少女まめだは、今は亡き父親の暮らしていた町に行き、かつての父のように人を化かすのが夢だったが、狸が人を化かすことが通じる時代は既に終わっており、人は人、狸は狸で暮らす時代となっていた。

長老に頼まれた用事を済ませるため、大都会・大阪に向かったまめだだったが……

「早く用事を済ませて帰らなきゃ、長老の言う通り寄り道なんてしない……なんて、なわけねぇーだろ」

田舎から抜け出し、人を化かすための術を磨いてきたまめだは、人を化かそうと、葉っぱをお金に換えるがスカシでバレる、のっぺらぼうに化けても事情聴取を受ける、人魂を使っても、夜道が明るいため意味がない。

全く化かせないことを考えていると、そこに帽子が飛んできたため、持ち主の女性を次こそは化かそうとするが、正体が豆狸だとあっさりバレてしまい叱られる始末。

町ではすっかりと豆狸探しをしている中、一際目立ってたくさん人が集まっている所に興味を持ったまめだ

そこでは落語をやっているらしいが、人の波に押され中に入ってしまう。

そこにいたのは、昨日出会った女性であり、彼女の正体は、人気落語家・大黒亭文狐だった。

落語が始まると、景色が頭に浮かびあがり、狸が化かされてたまるかと感じていたが、目を輝かせ次第にのめり込んでしまい、最後まで見届けてしまう。

自分よりよっぽど、人を化かせる落語に対して興味を持つが、気を許した事で豆狸とバレたことで追われてしまい、絶望的な状況に追い込まれるが、大黒亭文狐に助けられる。

「もう人間を化かすなんてアホなことすな」と村の途中まで送ってくれたが、大勢の人々を落語で化かしていたその正体を化け狐だと知ったまめだは、落語家になって人間を化かすことを決意する。

  

落語家を目指し、まめだが少しずつ成長していく様子を描いたお話になりますが、落語を知らなくても楽しめる内容になっています。

舞台は大正時代の大阪となっており、落語にも関西弁が使われています

それでは早速ですが、『うちの師匠はしっぽがない』を視聴している人達はこのアニメをどのように感じているのでしょうか?

『うちの師匠はしっぽがない』は面白い?つまらない?

『うちの師匠はしっぽがない』多かった感想

面白いと感じている人に多く見られた感想

  1. まめだと大黒亭文狐のやり取り
  2. 大阪弁で落語をする声優が凄い
  3. OP曲.ED曲が好き
  4. 落語を知らなくても楽しめる

つまらないと感じている人に多く見られた感想

  1. 方言が何を言っているかわからない
  2. 落語の笑いどころがわからない

多かった内容をザックリとまとめてみました。

もう少し詳しく詳細を見ていきたいと思います。

『うちの師匠はしっぽがない』面白いと感じる要素

1.まめだと大黒亭文狐のやり取り

おもしろかった中でも、特に多かった感想が、主人公のまめだとその師匠こと大黒亭文狐のやり取りに対して、面白い、癒されると感じている人が多く見られました。

二人の少しずつ縮まる距離感や、師弟関係として、落語や生活など数多くの事を学ぶ上での、二人のやり取りに人気を集めていました。

師弟関係でありながら、ちょいちょい百合要素も挟んでいるので、百合が好きな人やケモノ娘が好きな人にもおすすめです。

2.関西弁で落語をする声優が凄い

この物語は、上方落語を使われているため、日常会話だけでなく、落語にも関西弁が使われています。

大阪弁だけではなく、イントネーションなども代わってくる落語を使うわけですから、それに対して声優に対して称賛の声が上がっていました。

特に大黒亭文狐の声優を担当している山村 響さんに対して、好評を得ていました。

山村 響さんは出身も大阪ではないのに対し、違和感のない関西弁、そして上方落語四天王の一人である大黒亭文狐を演じて落語をしています。流石声優ですね。

3.OP曲.ED曲が好き

『うちの師匠はしっぽがない』をOPは、GARNiDELiA(ガルニデリア)の「幻愛遊戯」です。

GARNiDELiAは、女性ボーカリスト・MARiA(メイリア)さんと、コンポーザーtoku(トク)さんの二人によるユニットになります。

踊っちゃってみた動画でヒットし、Youtubeで上げた「極楽浄土」の再生回数は8700万回再生以上の再生がされ注目をアジア圏を中心に注目を浴びたため、知っている人も多いはないでしょうか?

和の美しさが、詰まっている和メロディーなので、このアニメにぴったりですね。

一方、ED曲は、Hinanoの「ヴァージニア」になります。

OP曲の方が人気を集めていましたが、こちらも世界観に合った優しさで溢れている曲となっています。

4.落語を知らなくても楽しめる

落語に焦点を当てているため、落語についての知識がないと楽しめるのか不安になる人もいるのではないでしょうか?

もちろん落語に対しての知識がある方がより一層楽しめるのは事実なんですが、主人公であるまめだも落語家になることを目指しますが、落語に対しての知識が全くありません

なので、落語に関する知識がなくとも、落語についてまめだと一緒に落語を学ぶことが出来ます

そのため、見ているうちに落語に興味を持ったり、詳しくなることで、今までにない面白さを感じることが出来ます。

話中で始まる落語に対して、大阪弁で昔の言葉なども使われることで、落語が全く分からないと感じた人も多いんですが、アニメの最後では、そのアニメ内の落語について、分かりやすく教えてくれるミニコーナーなどもあり、分からない人に対しても工夫されているので、安心して観ることが出来ます。

『うちの師匠はしっぽがない』つまらないと感じる要素

1.関西弁が何を言っているかわからない

この物語の主人公まめだの声を担当するのは、大阪出身で関西弁のキャラクターも多く演じている人気声優M・A・Oさんです。

そして主人公の師匠である大黒亭文狐の声優は、山村響さんです。

馴染みのあるM・A・Oさんの関西弁福岡県出身でありながら、違和感の無い上手な関西弁を演じる山村響さん達を含めた関西弁を喋る声優たちに対して、凄いと感じている人達が多く見られました。

しかし、日常会話に関しては聞き取れる関西弁ですが、それが落語と組み合わさることで、何を言っているか分からないと感じている人も見られました。

面白い要素の最後にも紹介しましたが、アニメ中に登場する落語に関しては、アニメの最後に分かりやすく紹介するコーナーがあるので、そちらを見ると落語に対して理解出来ると思います。

それでも関西弁で説明をするため、わからないと感じる方は是非一度、どのような話なのか調べてからもう一度落語を見直すとより理解できると思います。

2.落語の笑いどころがわからない

この物語の要となっている落語ですが、落語に興味がない人、観てもあまり落語の良さがわからないと思っている人も見られました。

落語に興味が無く、観ても良さがわからないと感じる人に関しては、落語アニメですから、どうしても落語に関係している事が多く出て来るためあまりオススメは出来ませんが、師匠と弟子の癒される関係など、落語以外でも見所があるアニメですので、試しに視聴するのもアリだと思います。

まとめ

2022年秋アニメとして10月から新しく放送された『うちの師匠はしっぽがない』について、どのようなアニメであり、どういった要素が面白くつまらないのか?について紹介しました。

結論としては、面白いと感じる要素で多く見られた感想では、

1.まめだと大黒亭文狐のやり取り

2.大阪弁で落語をする声優が凄い

3.OP曲.ED曲が好き

4.落語を知らなくても楽しめる

が多く見られました感想になります。

反対につまらないと感じる要素で多く見られた感想は、

1.方言が何を言っているかわからない

2.落語の笑いどころがわからない

になります。

『うちの師匠はしっぽがない』は上方落語のため、関西弁が使われ、わかりにくいと感じてしまうかもしれませんが、アニメでは実際に言葉や仕草だけではなく、絵を用いて落語をしています。

落語初心者を全く知らない人に対しても、理解しやすいように工夫されていますので、気になった方は是非視聴してみてはいかがでしょうか?

EyeCatch
最新情報をチェックしよう!