EyeCatch

【オリジナルアニメ】カオス過ぎてヤバいと噂の『アキバ冥途戦争』ってどんな内容のアニメなの?面白い?つまらない?感想・評価

©「アキバ冥途戦争」製作委員会

2022年秋アニメとして10月から放送開始された『アキバ冥途戦争』。

普通のアニメとは異なり、オリジナルアニメとなっているため、小説やマンガなどの原作はありません。

そのため、SNSやYoutubeでこのアニメを知り、「気になっているけど、面白くなかったら時間の無駄だな~」と感じてしまう方も多いと思います。

そのような方に向けて、1か月に150話以上のアニメを視聴している私が、多くの感想を面白い要素とつまらない要素に分けて評価したので、紹介して行きます。

結果だけ知りたい人も多いと思うので、結論から先に紹介しますが、面白いと感じている人に多く見られた感想は以下の4つです。

  1. ギャグ要素とシリアス要素
  2. 意味が分からなくて逆に面白い
  3. 内容がカオス
  4. キャラクターの個性が強い

そしてつまらないと感じている人に多く見られた感想は以下の2つです。

  1. 何をしたいのか分からない
  2. 流れがテンプレート化している

具体的な理由に関しては、以下で紹介していますが、『アキバ冥途戦争』とは、どのようなアニメなのか?についてから順に紹介しているので、気になる項目があれば目次から安易に移動できます。

それでは、『アキバ冥途戦争』について紹介して行きます。

『アキバ冥途戦争』とは?

『アキバ冥途戦争』は、2022年6月24日に制作発表されたオリジナルアニメであり、ゲーム会社で有名なCygamesとアニメ制作会社P.A.WORKSがタッグを組み制作されました。

CygamesP.A.WORKSが組むのは、2018年4月に放送された「ウマ娘 プリティーダービー」以来となっています。

『アキバ冥途戦争』の主な制作スタッフは以下の通りです。

監督:増井壮一

シリーズ構成:比企能博

キャラクターデザイン・総作画監督:仁井学

アニメーション制作:P.A.WORKS

監督を務めるのは、「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」、「天地創造デザイン部」、そしてP.A.WORKS制作のオリジナルアニメ「サクラクエスト」でも監督を務めた増井壮一さん。

シリーズ構成では、マンガ「ナリカワリ」の原作やYoutubeアニメ「テイコウペンギン」の脚本などにも関わっており、マンガ原作者でもあり脚本家でもある比企能博さんです。

ちなみに、このアニメにかけた脚本時間は2年半だそうです。

キャラクターデザイン・総作画監督を担当するのは、Twitterでも18万人を超えるフォロワーがいるアニメーターの仁井学さんであり、「神様になった日」、「ばくおん!!」、「ひなろじ from Luck&Logic」などのアニメでも総作画監督を担当していました。

そして、アニメーション制作を手掛けるのは、前シーズンではダークホースアニメとして注目を集めた「パリピ公明」を制作したP.A.WORKSになります。

P.A.WORKSは、オリジナルアニメに関していくつもの名作を制作しており、「Angel Beats!」、「凪のあすから」、「TARI TARI」などがあります。

『アキバ冥途戦争』は、このようなスタッフから制作されるオリジナルアニメとなっており、メイドの萌え要素と暴力要素を組み合わせた、ぶっちゃけ、かなりぶっとんだストーリーとなっています。

『アキバ冥途戦争』はどういった内容のアニメなのか?どのような要素が面白いのか?つまらないのか?について、詳しく紹介していきます。

『アキバ冥途戦争』あらすじ

時は1999年、秋葉原のメイド業界は、ケダモノランドとメイドリアンの2大グループが対等し、均衡状態が続いていたため、表向きの平和が保たれていた。

そんな中、メイドに憧れていた17歳の少女和平なごみは、可愛いメイドになるため秋葉原に上京し、住み込みでメイドカフェ「とんとことん」で働くことになる。

憧れのメイド服を袖に通し仕事に気合を入れるなごみだったが、初仕事はミスばかり。

そんな中、店の店長からライバル系列の店に手紙を出しに行く仕事を頼まれたなごみは、一緒のタイミングで働くことになった35歳の女性、万年嵐子と一緒にライバル店へと向かうことになる。

手紙を渡すなごみだったが、書かれていた内容は、ライバル店に対しての侮辱の手紙だった……

当然ながら激怒してくる相手に対し、突然万年嵐子が所持していた銃を相手に向け頭を撃つ。

「話はつきました、いきましょう。」

「こら、まてやぁ!!生きて返すなぁぁ!!!」

次々と襲ってくるメイドたちを殺していく万年嵐子

秋葉原の現状やメイド喫茶の実態を知らなかった和平なごみは、何が起きているか訳もわからず見ている事しか出来なかった。

夢にまで見たメイド生活初日…わたし……卒業します!」

 

では早速ですが、このアニメのどのような要素が面白いのか?つまらないのか?について、このアニメを視聴している感想を参考に紹介して行きたいと思います。

『アキバ冥途戦争』は面白い?つまらない?

『アキバ冥途戦争』感想

『アキバ冥途戦争』感想まとめ

面白いと感じている人に多く見られた感想

  1. ギャグ要素とシリアス要素
  2. 意味が分からなくて逆に面白い
  3. 内容がカオス
  4. キャラクターの個性が強い

つまらないと感じている人に多く見られた感想

  1. 何をしたいのか分からない
  2. 流れがテンプレート化している

『アキバ冥途戦争』面白い要素

1.ギャグ要素とシリアス要素

このアニメでは、名前の通り秋葉原にいるメイドに関するお話になっています。

しかし、誰もが想像するメイドとはかなり異なっており萌えといったメイド要素と暴力やギャンブルなどのヤクザ要素が組み合わさった内容です。

一見ギャグアニメなんだな、と感じてしまうかも知れません。

確かにギャグ要素満載な作品となっているんですが、ギャグ要素だけではなく、シリアス展開にも繋がる話の構成となっています。

とは言っても、シリアス展開が発展していくのは、物語が進んでいく後半がメインとなっているため、前半は、ほとんどギャグ展開で進んでいきます。

最後までギャグアニメとして貫き通すと思いきや、急なシリアス展開やギャグ要素に伏線があったりなど、ギャクにシリアスが組み込まれたことで、注目されていました

なにが起きるのかわからない所は、オリジナルアニメの良いところですね。

2.意味が分からなくて逆に面白い

『アキバ冥途戦争』について調べると、「意味が分からない」、「頭おかしい」、「カオス」のようなキーワードが関連に出て来ます。

PVやあらすじ、OPやED、そして内容、どれを見ても上にある感想を感じる人が多いと思います。

実はこのアニメ、序盤では全く目的がわかりません

恐らくほとんどの人が「なにをみせられているんだろう。」と感じながら視聴を続けていたと思います。

私も1話から「おひねりちゃん」ってなに!?ってなりました。(笑)

ちなみに「おひねりちゃん」は、上納金の事です。

最後の方まで、視聴を続けると分かって来ることもあるんですが、それでもわからないこともあるように、意味が分からないことだらけのカオスアニメとなっています。

しかし、「意味が分からないのに目が離せない」、「意味が分からないから続きが気になる」、「カオス過ぎて頭がおかしくなるけど見てしまう」といったように、意味が分からないからこそ興味を持つ人も多く見られました。

3.内容がカオス

一つ上で、意味が分からなくて逆に面白いで紹介した通り、かなりカオスな内容になっていますが、具体的なカオスの内容について紹介します。

あらすじで紹介した通り、なごみと嵐子はライバル店に手紙を届けに行きますが、手紙の内容は喧嘩を売る内容であり、嵐子が敵を殲滅するシーンがありますが、そこでは「純情メイドぶっころ主KISS」をBGMに音ハメで敵を殺すと言ったカオスな展開

他にも、メイドカフェ「とんとことん」に当たり前のようにいるパンダ、御徒町さん。

ギャンブル、プロレス、野球などのメイドには全く関係ない展開など。

野球回があるアニメは名作と良く聞きますが、野球の内容ももちろんカオスとなっているため、これに関してはなんといっていいかわからないほど……とにかくカオスでありふれています。

私達が生きるこの世界での常識とはかけ離れているため、理解しようとすると、なおさら頭が混乱してしまうため、脳死で見る方がいいかもしれませんね(笑)

カオスな内容のため、SNSで期待されており、「ゾンビランドサガ」でもそうでしたが、やはりカオスなアニメは注目をされますね。

4.キャラクターの個性が強い

そして最後に、キャラクターの個性が強い事に関しての感想になります。

あくまで、キャラクターの性格や見た目ではなく、”個性”が強い事で面白いと感じている人が多かったです。

意味が分からない展開やカオスな内容であるため、キャラクターの個性が強いのも頷けると思います。

キャラクターの個性が強いというよりかは、まともなキャラクターがほとんどいないが正解な気もしますが、どのような個性をしているのでしょうか?

主人公である和平なごみは、誰もが知るメイドに憧れる普通の女の子と思いきやかなりの熱血キャラ、このアニメではまともな方。

なごみと一緒に入った万年嵐子は、35歳の年齢にしてメイドに戻り、銃の扱いに慣れており、めちゃくちゃ人を殺す

そして、この二人の働いているメイドカフェ「とんとことん」の店長を一言で表すなら、”クズ”の一言。

他にも敵味方たくさんキャラクターが登場しますが、どのほとんども個性がイカれています。

個性が強いキャラクターで溢れており、飽きさせない内容となっていることから、面白いと感じている人が多く見られました。

『アキバ冥途戦争』つまらない要素

1.何をしたいのか分からない

面白い要素では、意味が分からないからこそ面白いと紹介しましたが、それとは反対に何がしたいかわからず、意味がわからないため、つまらないと感じている人が見られました。

『アキバ冥途戦争』の声優を担当した方ですら、?を頭に思い浮かべるほどの内容ですから、私達一般の視聴者がハテナになるのも無理はないでしょう。

何をしたいか分からないからこそ、面白いと感じている人と同時に、何をしたいか分からないが故につまらないと感じている人も見られたので、紹介させて頂きました。

2.流れがテンプレート化している

二つ目に『アキバ冥途戦争』の話の構成がテンプレート化しているため、同じことの繰り返しとなることから、飽きてしまうという感想が、二つ目にあげるつまらない理由になります。

とゆうのも、『アキバ冥途戦争』の始まり方として、最初に何らかの出来事に巻き込まれている状況を一部見せてから、本編が始まっていきます。

最初の出来事がなんだったのか?について、次第にわかっていく構成になっています。

そのため、冒頭部分を見ると、先の展開が気になってしまう仕組みになっているんですが、毎話ごとに同じ様な始まり方となっています。

「今回はどのような始まり方をするのかな?」と考える人と同時に、「また同じ始まり方なのかな?」と始まり方や話の構成に、不満を持っている人も見られました

まとめ

今回は、2022年10月から新しく放送されたアニメ「アキバ冥途戦争」について、どのような内容のアニメなのか?どういった要素が面白いと感じつまらないと感じるのか?について紹介させて頂きました。

結論として、面白いと感じている感想の中で、多く見られた理由としては、以下の4つになりました。

1.ギャグ要素とシリアス要素

2.意味が分からなくて逆に面白い

3.内容がカオス

4.キャラクターの個性が強い

それに対して、つまらないと感じている感想の中で、多く見られた理由としては以下の3つでした。

1.何をしたいのか分からない

2.流れがテンプレート化している

面白い要素とつまらない要素に関しての多かった感想をそれぞれに分け、個人的な解釈も交えながら紹介させて頂きました。

多かった感想をまとめているため、少数の感想に関してはあまり触れていませんが、「アキバ冥途戦争」の視聴を考えている方の参考になれば幸いです。

EyeCatch
最新情報をチェックしよう!