eyecatch

MAPPAの新作アニメ『地獄楽』どんな内容のアニメ?面白い?つまらない?感想・評価

©賀来ゆうじ/集英社・ツインエンジン・MAPPA

2023年4月から、春アニメとして『地獄楽』が放送開始されました。

この物語は、死罪人となった画眉丸(がびまる)が、愛した妻に再び会うため、唯一死罪を免れる方法として、極楽浄土と噂される島に行き、不老不死の仙薬を持ち帰る事を目指すお話です。

ここでは、『地獄楽』の視聴を考えている方をメインに、このアニメがどのようなアニメなのか?について面白いポイントとつまらないポイントの2つに分けて紹介しています。

結果だけ知りたい方も多いと思いますので、結論から先に紹介させていただきます。

面白いと感じている人に多く見られた感想は以下の4つです。

  1. 作画
  2. 原作に忠実
  3. 画眉丸の容姿・性格

そしてつまらないと感じている人に多く見られた感想は以下の2つです。

  1. 画眉丸の声
  2. グロ要素

具体的な理由に関しては、下記で紹介しています。

それでは、『地獄楽』について紹介して行きます。

『地獄楽』とは?

『地獄楽』は、漫画家である賀来ゆうじ先生に描かれたダークファンタジー漫画です。

2018年1月~2021年1月まで「少年ジャンプ+」で連載され、全13巻が出版されています。

2020年7月では、「少年ジャンプ+」の中でも最も閲覧数が多い作品として輝き、既に完結していますが、2023年6月24日(アニメ放送期間)まで、3巻まで無料で読むことが出来ます。

少年ジャンプ+で地獄楽を読みたい方はこちらから

そんな『地獄楽』を制作する会社は、MAPPAになります。

MAPPAは、「呪術廻戦」や「進撃の巨人 The Final Season」近年では「チェンソーマン」など、誰もが知る名作を圧倒的な作画で描くことから、世間的に広く知られているアニメ会社です。

しかし、「チェンソーマン」では、戦闘シーンのCG・演出が酷いと話題になり、さらには監督の演技指導により声優にドラマのような演技をさせられる事やお気持ち表明ツイートなどで炎上し問題になりました。

そのため、今回のアニメでも不安に感じる方もいると思いますが、結論としては素晴らしいクオリティとなっているので安心して大丈夫です。(詳しくは下記で紹介しています)

それでは、『地獄楽』はどういった内容のアニメなのか?どのような要素が面白いのか?つまらないのか?について、詳しく紹介していきます。

『地獄楽』あらすじ

「生に執着などないさ、これまでに散々人を殺してきたんだ、今更自分だけ永らえようとは思わん」

石隠れの里に忍びとして生まれた画眉丸(がびまる)は、生まれた時から殺人術のみ教わり、修行の中で数多の命が途絶える代わりに超人的な肉体を得ていた。

その実力は里の長にも認められ、長の娘と結婚し、里を抜け出し二人で静かに暮らすことを望んだ画眉丸だったが、里の掟を破った事で、長や仲間に裏切られ死罪人となってしまう。

しかし、斬首をすれば折れるのは刀、火刑に処してもあぶられず、牛裂きでも裂けることない画眉丸

そんな画眉丸の前に現れたのは、打ち首執行人山田浅ェ門 佐切(やまだあさえもん さぎり)

殺して欲しいと望む画眉丸に対して、容赦なく一太刀を入れようとする佐切だったが、死のイメージを浮かべた画眉丸は、体が死ぬことを拒み避けていた。

妻を愛している事で、自分が生に執着している事を知った画眉丸は、佐切にいかなる罪も無罪放免になる「公儀御免状」を渡す条件として、極楽浄土と噂される島から不老不死の仙薬を持ち帰る事を提案される。

画眉丸は愛する妻にもう一度会うことが出来るのか?

では早速ですが、このアニメのどのような要素が面白いのか?つまらないのか?について、このアニメを視聴している感想を参考に紹介して行きたいと思います。

『地獄楽』は面白い?つまらない?

『地獄楽』感想

『地獄楽』感想まとめ

面白いと感じている人に多く見られた感想

  1. 作画
  2. 原作に忠実
  3. 画眉丸の容姿・性格

つまらないと感じている人に多く見られた感想

  1. 画眉丸の声
  2. グロ要素

『地獄楽』面白い要素

作画

『地獄楽』のアニメを視聴した方の中でも、最も多かった感想がこの「作画」に関してでした。

アニメーション制作会社がMAPPAと決まった段階で、かなり以前から注目されていましたが、「チェンソーマン」で問題があった事から、期待と不安の声が混ざっていました。

しかし、PVや第一話が公開されて以降は、MAPPAの持前である作画が存分に引き出されており、「地獄楽」特有の美しさやおぞましさと言った空気感まで感じ取れる仕上がりに、多くの称賛の声があげられていました。

上記にあるPVでは、およそ1ヶ月で1000万回再生されており、PVを観ているだけで没入してしまいそうな作画になっています。

作画の中でも特に注目されていたのが、色彩表現になります。

1話では特に、画眉丸が使う忍術「火法師の炎」や極楽浄土の花の色彩に目を奪われ、4Kで視聴したいと感じる方もいるほどに、色使いにこだわりを感じます。

©賀来ゆうじ/集英社・ツインエンジン・MAPPA
©賀来ゆうじ/集英社・ツインエンジン・MAPPA

原作に忠実

「原作を忠実に再現して欲しい」

原作を読んだ方でも、アニメから入る方でも、原作を忠実に再現したアニメにして欲しいと望む方がほとんどです。

しかし、実際は、決めた場所までを1クールでまとめなければならないため、カットやオリジナル要素が必要になる事があります。

そのため、どのようにして上手くアレンジするかが重要になるんですが、「チェンソーマン」では、原作の雰囲気を再現しなかったため、監督が炎上し、MAPPAの今後に関して不満の声が多くなりました。

ですが『地獄楽』では、原作を忠実に再現出来ているどころか、忠実過ぎるため今後に控える情欲的なシーンやグロめなシーンまで、再現してしまうのでは?と感じている方もいるほどでした。

「地獄楽」では戦闘シーンも期待出来そうなので嬉しい限りですね(笑)

画眉丸の容姿・性格

この物語の主人公画眉丸(がびまる)ですが、容姿や性格に関して多くの方を虜にしているようです。

©賀来ゆうじ/集英社・ツインエンジン・MAPPA

あらすじでも画眉丸について軽く触れていますが、もう少し詳しく画眉丸に触れたいと思います。

画眉丸とは、石隠れの里の筆頭を示す屋号であり、血も涙もない残虐さから、心が無いがらんどう→がらんの画眉丸となっています。

彼は歴代最強の実力者として長からも認められ、長の娘と結婚しますが、この出会いが画眉丸を一変させました。

生まれた頃から殺人術しか教わらなかった画眉丸にとって、人としての温かい心と暮らしを教えてくれた彼女の存在は画眉丸に取って生きる意味そのものに代わって行きます。

人間として穏やかに暮らす事を望んだ2人でしたが、里の掟を破る事となり画眉丸は死罪とされています。

愛した妻に会うために、極楽浄土から不老不死の仙薬を持ち帰る事を決意します。

画眉丸は、白髪で可愛らしい見た目でも多く人気を得ていますが、それだけではなく、微塵と揺れる事ない妻に対する一途な愛情や妻に会うために戦い続けるカッコよさが魅力的なキャラクターです。

音楽

アニメにあって原作にはない、特徴の一つとして音楽が当てはまります。

アニメの音楽では、OP・ED、効果音、BGMなどがありますが、『地獄楽』ではOPが関して評価されていました。

OPは、millennium parade × 椎名林檎による「W●RK 」です。

millennium parade(ミレニアム パレード)はKing Gnu(キングヌー)のメンバー、常田大希が主宰する音楽プロジェクトで、チェンソーマンで話題になった米津玄師が歌う「KICK BACK」の編曲も担当していました。

椎名林檎は、バンドグループ東京事変のボーカルとしても知られ、1999年にリリースされた「丸の内サディスティック」では、現在でも多くの人に親しまれています。

この二人が、作詞作曲を担当し、OPとして公開された「W●RK 」ですが、一度聴いただけで引き込まれてしまうような、中毒性やカッコよさが人気を集めています。

「W●RK」

『地獄楽』つまらない要素

面白いポイントに引き続き、次はつまらないと思わせる要素を紹介していきます。

画眉丸の声

面白いポイントとして、画眉丸が人気キャラクターであることを紹介しました。

しかし、画眉丸の声に関して不満を感じている方もみられました。

主に『地獄楽』の原作を読んでいた方に多く見られた感想になりますが、もう少し低い声、掠れ声、声が若すぎる、イメージよりカッコいいなどの感想がありました。

私も原作を読んでいましたが、確かに少しわかります(笑)

しかし、アニメから見始めた方には、この声を気に入ってる方も多く、違和感なく視聴出来ている方も見られました。

そのため、アニメと原作どっちを先に観るか、悩んでいるならアニメからの方が違和感なく観れるかも知れませんね。

グロ要素

『地獄楽』の特徴の一つであるのがグロ要素です。

作者である賀来ゆうじ先生自身も、「刀を扱うからには残酷な描写は避けられない」と感じているようで、この物語にも「惨殺死体」や「血飛沫」などが多く登場します。

そのため、原作を読んだ方でもトラウマを植え付けられた方もいると思いますが、それをアニメでは、色彩豊かな作画で放映されるわけですから、見れない方がいても当然ではあります。

そのため、グロ系が苦手な方にはオススメしにくい作品になっています。

ちなみに補足になりますが、グロシーンほどではありませんが、『地獄楽』はグロシーンの他になまめかしい場面もあるので、どのようにアニメでオブラートに包むかわかりませんが、そのような要素が苦手な方も注意が必要です。

『地獄楽』を視聴できるサブスクリプション

2023年4月より始まった『地獄楽』のアニメが始まりましたが、それを視聴できるサブスクリプションは全部で「Amazon Prime Video」、「NETFLIX」、「ひかりTV/Lemino」の3つしかありません。

月額料金としては、

「Amazon Prime Video」:500円

「Netflix」:990円~1,980円

「ひかりTV/Lemino」:990円

となっているため、料金的に見ると「Amazon Prime Video」が一番オススメです。

「Amazon Prime Video」を登録するならこちらから↓

Amazon Prime Video

まとめ

今回は、2023年4月から新しく放送されたアニメ『地獄楽』について、どのような内容のアニメなのか?どういった要素が面白いと感じつまらないと感じるのか?について紹介させて頂きました。

結論として、面白いと感じている感想の中で、多く見られた理由としては、以下の4つになりました。

1.作画

2.原作に忠実

3.画眉丸の容姿・性格

4.音楽

それに対して、つまらないと感じている感想の中で、多く見られた理由としては以下の2つでした。

1.画眉丸の声

2.グロ要素

多かった感想をまとめているため、

eyecatch
最新情報をチェックしよう!