EyeCatch

アニメ『新米錬金術師の店舗経営』面白い?つまらない?評価・感想

2022年秋アニメとして始まった『新米錬金術師の店舗経営』ですが、どのような内容で面白いのか?紹介していきたいと思います。

©2022 いつきみずほ・ふーみ/KADOKAWA/「新米錬金術師の店舗経営」製作委員会

2022年秋アニメとして10月より『新米錬金術師の店舗経営』が放送されました。

『新米錬金術師の店舗経営』はいつきみずほ先生により2018年11月から小説家になろうに連載開始され、小説以外に漫画でも出版されているんですが、今回はアニメについて紹介して行きます。

『新米錬金術師の店舗経営』のキャラクター原案を担当しているのは、イラストレーターであり、Vtuber角巻わためのデザインなども担当している大人気絵師ふーみ先生

アニメーション制作は、当時戦闘シーンの作画に注目を集めた「探偵はもう、死んでいる。」や同じ2022年10月に2期が始まった「宇崎ちゃんは遊びたい」などを手掛けているENGIが担当しています。

一体どのような内容なのか?紹介して行きたいと思います。

『新米錬金術師の店舗経営』あらすじ

「これに合格すれば、私もようやくなれるんだ、錬金術師に!」

盗賊に襲われたことで両親を幼い頃から亡くしたサラサ・フィードは孤児院で育てられた。

親を亡くしたショックにより勉強することで気を紛らわせていたが、孤児院にやって来た錬金術師により、錬金術師になれば、かつての両親のようにお店を開くことが出来ることを知り錬金術師を目指す。

錬金術師になるため、国家取得が唯一取得できる王立錬金術師養成学校に通っていたが勉強、実習、実験、そして生活費のためのアルバイトの日々に明け暮れていた。

おかげで友達が出来なかったサラサだったが、たった一つの大きな出会いが自分に大きな影響を与えることだってある。

そして、あっという間に5年の歳月が流れ、学校の卒業祝いにサラサの師匠である錬金術師オフィーリア・ミリスから紹介されたのは、王都から馬車で1か月くらいかかる村にある廃業した錬金術師の格安中古物件だった。

商売の知識は全くないサラサの店舗経営ライフが始まろうとしていた。

『新米錬金術師の店舗経営』メインキャラクター

サラサ・フィード(CV.高尾 奏音)

©2022 いつきみずほ・ふーみ/KADOKAWA/「新米錬金術師の店舗経営」製作委員会

新米錬金術師。15歳。幼い頃に両親を亡くし孤児院で育った。

王立錬金術師養成学校で国家取得を得るため、卒業までの5年間を勉学と師匠であるオフィーリア・ミリスの元でのアルバイトに勤しんでいた。

卒業試験では、貴族を除いて首席になるほどの腕前。

魔法と剣術は得意だが、友達もあまりいなかったため、人付き合いはあまり得意ではない。

卒業を気にオフィーリアの元から離れお店を開くことになる。

オフィーリア・ミリス(CV.斎賀 みつき)

©2022 いつきみずほ・ふーみ/KADOKAWA/「新米錬金術師の店舗経営」製作委員会

サラサの師匠。マスタークラスの錬金術師。

王都で錬金術師の店を開いており、学生の頃のサラサをアルバイトとして雇い、錬金術師についても教えていた。

錬金術師でありながらも、王都から村まで馬車で1か月かかる距離を3日で走っていけるほど鍛えられた体を持っている。

年齢は不明だが、サラサと出会ってからの5年間はずっと姿が変わっていないらしい……

ロレア(CV.木野 日菜)

©2022 いつきみずほ・ふーみ/KADOKAWA/「新米錬金術師の店舗経営」製作委員会

ヨック村の雑貨屋さんの娘。13歳。

王都からやって来た都会っ子のサラサに質問攻めするほど、王都に興味を持っている。

サラサがお店の店番を雇うことを考えていることを知り、即座に店番として雇われることを立候補する。

雑貨屋で働いていたことや両親の教育もあり、読み書きの知識が身についており、料理も得意。

アイリス・ロッツェ(CV.大西 沙織)

©2022 いつきみずほ・ふーみ/KADOKAWA/「新米錬金術師の店舗経営」製作委員会

採集者。ケイトの幼馴染。

熊のような魔物に重傷を負ったことで、サラサの元に運ばれる。

完全治療して貰った代わりに、サラサに対して多額の借金を背負うことになる。

家賃の節約のため、相棒であるケイトと一緒にサラサの店の2階に住んでいる。

剣の腕前はある程度あり真面目な性格だが、抜けている所があったり、運が悪かったりする。

ケイト・スターヴェン(CV.諏訪 ななか)

©2022 いつきみずほ・ふーみ/KADOKAWA/「新米錬金術師の店舗経営」製作委員会

採集者。アイリスの幼馴染。

ブラックエルフのハーフでとても器用であり、その弓の腕前も確か。

相棒であるアイリスの借金返済を手伝うなど、面倒見も良くしっかりもので優しい性格だが、時よりからかったりすることもある。

『新米錬金術師の店舗経営』は面白い?つまらない?

『新米錬金術師の店舗経営』は面白いのかそれともつまらないのか?

みなさんの感想を参考に両者の感想を比較してまとめていきたいと思います。

『新米錬金術師の店舗経営』感想

『新米錬金術師の店舗経営』感想まとめ

面白いと感じている人に多く見られた感想

  • キャラクターデザインがしっかりしている
  • 作画
  • 可愛い絵柄とのギャップ
  • 店舗経営をしていく様子が面白い

つまらないと感じている人に多く見られた感想

  • 展開が速すぎる
  • 少しグロめな描写がある
  • 結構原作の内容を飛ばしている
  • きららを見る感覚では見れない

多かった内容をそれぞれにまとめてみました。

面白いと感じている感想では、キャラクター原案であるふーみ先生が描いたイラストの特徴を取り入れているキャラクターデザインや戦闘シーンでの作画など、絵に関しての感想が多かったです。

その他にも、可愛い絵柄に対して、ちょっとグロ目な描写があったり、可愛いキャラクターでありながら、残虐な行動をするギャップが良いと感じている人。

一から自分で店を持ち、経営していく過程が面白いと感じている人も多く見られました。

一方、つまらないと感じている感想では、テンポが速いことで、数話であっけなく主要メンバーが揃ったり、原作内容が飛ばされているため、ちょくちょく話が噛み合わない場面が生じている感じている人。

可愛い絵柄でありながら、グロ描写があることに対してみる気が失せてしまう人や、なろう系ではあるものの、きららっぽさもあることから、きららよりで見ていたら、想像と違っていたと感じている人もいました。

結論としては、人によってグロ描写が大丈夫な人、大丈夫ではない人、テンポが速いと感じている人、ちょうどいいと感じている人、というように、見る人によって分かれている感想が多いと感じました。

なので、見るか迷っている人は実際に見て確かめるのが一番良い方法なのですが、原作を読んでいる私的には、細かい内容も知りたい人には圧倒的に原作を読んでから、キャラクター達がキレイな作画として動くアニメを観る方が、より理解したうえで楽しめるのでオススメです

コミカライズ版⇓

新米錬金術師の店舗経営1 (ヴァルキリーコミックス)

小説版⇓

新米錬金術師の店舗経営01 お店を手に入れた! (富士見ファンタジア文庫)

まとめ

今回は、2022年秋アニメとして10月から放送開始された『新米錬金術師の店舗経営』について、どのような内容で面白いのか?それともつまらないのか?について紹介させていただきました。

面白いと感じている感想では、

・キャラクターデザインがしっかりしている
・作画
・可愛い絵柄とのギャップ
・店舗経営をしていく様子が面白い

つまらないと感じている感想では、

・展開が速すぎる
・少しグロめな描写がある
・結構原作の内容を飛ばしている
・きららを見る感覚では見れない

が多かった感想でした。

錬金術を使う事や、ほんわかとした雰囲気の様子から、アトリエシリーズに似ているため、「サラサのアトリエ」とも呼ばれているこの作品。(※新米錬金術師の店舗経営がアトリエのパクリという訳ではないです)興味を持った方は是非視聴してみてはいかがでしょうか?

ありがとうございました。

EyeCatch
最新情報をチェックしよう!