isekaiyakkyoku-Eyecatch

原作者は過去に炎上!?アニメ『異世界薬局』は面白い?つまらない?感想・評価

2022年夏アニメとして『異世界薬局』が放送されました。「だいしゅきホールド論争」により炎上した作者による作品ですが、面白いのでしょうか?それともつまらないのでしょうか?

©2022 高山理図/MFブックス/「異世界薬局」製作委員会

『異世界薬局』は、2015年7月に小説家になろうで連載が始まり、現段階ではMFブックスにより8巻まで出版されている作品であり、2022年7月からアニメとして放送されました。

アニメーション制作会社は、ディオメディアが担当しており、代表アニメは「侵略!イカ娘」、「艦隊これくしょん-艦これ-」、「ドメスティックな彼女」などがあります。

作者は、2020年に「だいしゅきホールド起源主張事件」に関わっていた高山理図さんなんですが、そもそもどんな事件なのか簡単に説明すると、

高山理図さんの友達である三国陣さんが「だいしゅきホールド」という言葉を生み出したという投稿したことにより、実は生み出したのは僕ですという方が現れました。

激しい論争になった結果、三国陣さんのツイートは嘘だと発覚した事件なんですが、高山理図さんは三国陣さん側について実際に生み出した方を三国陣さんと一緒に叩いていたことで炎上した事件になります。

高山理図さんには炎上の肩書があり、JIN-仁-のパクリではないか?との声も上がっている『異世界薬局』ですが、面白いのでしょうか?それともつまらないのでしょうか?詳しく紹介して行きたいと思います。

『異世界薬局』あらすじ

国立大学の世界トップクラスの分子創業学研究室で薬の研究に没頭していた薬谷完治は、

仮眠をとるため眠ったが、目を覚ますと宮廷薬師の息子ファルマとして異世界に転生していた。

召使いでありファルマのお世話係であるシャルロッテから神術のことや家柄、

そして薬学知識についても教えてもらうが、それは何世紀も前の地球の医療だった。

生前の知識を活かして誤った医療を改善することを決意したファルマは、

異世界で得たチート能力や神術を使い様々な問題に立ち向かうことを決意する。

『異世界薬局』メインキャラクター

ファルマ・ド・メディシス(CV.豊崎愛生)

©2022 高山理図/MFブックス/「異世界薬局」製作委員会

本作の主人公。

国立大学の分子創薬学研究の准教授として、薬の研究に没頭しすぎた事が原因で過労死してしまい宮廷薬師の名家ド・メディシス家の次男ファルマとして転生する。

薬の研究に没頭していた理由は、ちゆと言う4歳の妹がいたが、病気で亡くしたことによりちゃんと効く薬があればよかったんだと考え、多くの人を助けるため日々没頭していた。

異世界に転生してからは、ウイルスや細菌の概念が存在しない間違った薬学知識を正すために様々な困難に立ち向かう。

エレオノール・ボヌフォワ(CV.田麗奈

©2022 高山理図/MFブックス/「異世界薬局」製作委員会

ファルマの父ブリュノ・ド・メディシスの一番弟子であり、ファルマの家庭教師を務めている。

300年現れていない規格外の属性や思った通りに物質を想像することが出来たりなど、別人みたいなファルマに対して怯えていたが、ファルマに説得されたことにより家庭教師を続けている。

シャルロット・ソレル(CV.本渡 楓

©2022 高山理図/MFブックス/「異世界薬局」製作委員会

メディシス家に仕える召使いの9歳の少女。

ファルマの世話係をやっており素直で明るい性格。

ファルマの妹であるブランシュとも一緒に楽しく遊んでおり、9歳にして他人思いの優しい子。

『異世界薬局』は面白い?つまらない?

それでは、本題である『異世界薬局』は面白い?つまらない?について

両者の感想を比較し、まとめていきたいと思います。

『異世界薬局』面白い派の感想

『異世界薬局』つまらない派の感想

『異世界薬局』は面白い?つまらない?結論

面白いと感じている方に多く見られた感想まとめ

  • 医学と魔法を駆使して、人々を救うのが好き
  • 実際にある病気や疫病が登場し、医学に対する情報や知識など細かいところまで作り込まれている
  • よくある異世界転生モノに見えるが、結構シリアスな展開がある
  • 作画やキャラクターが良い
  • チートの使い方は上手

つまらないと感じている方に多く見られた感想まとめ

  • 世界観がイマイチよくわからない
  • JIN-仁-のパクリ
  • 苦労なく薬を作り出せるため、ハラハラする展開を感じられない

たくさんの感想の中から多かった感想をまとめさせていただきましたが、面白いと感じている中で最も多かった感想は、生前に得た医学や薬学の知識と異世界で得た力を元に病気で苦しむ人々や、難病や疫病に立ち向かうストーリーに魅力を感じている方が多かったです。

一方つまらないと感じている感想では、JIN-仁-のパクリでは?、結局チートでハラハラしない展開だと感じている方を多くみられました。

JIN-仁-では、脳外科医が幕末にタイムスリップし現代知識を元に人々を救う様子を描かれていますから、『異世界薬局』はパクリではないか?という声もあります。

そしてJIN-仁-の場合、現代と同じ医療器具や薬はないためどうやって乗り越える?といったハラハラする展開があります。

『異世界薬局』の場合主人公のチートにより簡単に作れてしまうため、ハラハラ感が薄れてしまい、JIN-仁-の劣化版だと感じている方も見えました。

一見パクリに思われるかも知れませんが、異世界特有の魔法やストーリー、大規模の病気や疫病、チートがあっても訪れるシリアスな展開など異なる部分がたくさんあることも事実となっています。

結論としては、

知識を元に病気で苦しむ人々や、難病や疫病に立ち向かうことから、一見JIN-仁-のパクリに思えてしまいますが、異世界だからこそ出来るファンタジー要素をふんだんに組み合わせた作品です。

JIN-仁-のようなリアリティを求める人にはおすすめ出来ませんが、魔法と知識でどのように対処していくのか?と先が気になる展開のアニメとなっています。


異世界薬局(1) (MFC)

まとめ

今回は2022年夏アニメとして放送された『異世界薬局』について、どのような内容なのか?面白いのかつまらないのか?について紹介させて頂きました。

結論としては、

知識を元に病気で苦しむ人々や、難病や疫病に立ち向かうことから、一見JIN-仁-のパクリに思えてしまいますが、異世界だからこそ出来るファンタジー要素をふんだんに組み合わせた作品です。

作者である高山理図さんは過去に「だいしゅきホールド起源主張事件」を起こしていたことがあったため、感想の中には、そのような人の作品は見たくないと言う意見もたくさんありました。

このようなことがあったため同じように、事件の事を知らなくても毛嫌いしてしまうかもしれませんが、現在は深く反省されていると思います。

アニメ『異世界薬局』は、今までにないような細かい医学や薬学を組み合わせた異世界ファンタジーとなっています。

気になった方は視聴してみてはいかがでしょうか?ありがとうございました。

isekaiyakkyoku-Eyecatch
最新情報をチェックしよう!