ボーボボ系カオス恋愛『100カノ』つまらないと言われる理由と魅力を徹底解説

 
メイト先生
この物語は、神様に高校で運命の人100人に出会う事を告げられ、その相手と愛し合って幸せにならなければ死ぬ運命を辿る不条理ギャグ恋愛作品です。

『君のことが大大大大大好きな100人の彼女』のタイトルからハーレム系を連想してしまいますが、不条理ギャグ漫画で有名な「ボボボーボ・ボーボボ」の恋愛版と言われるくらいに、はっちゃけた内容になっています。

「ボボボーボ・ボーボボ」を知らない方にも簡単に説明すると、要するに登場人物のほとんどが狂人で常識が通用しない世界の認識でOKです。

今回は、頭がおかしくなりそうになるギャグ恋愛作品として知られる『君のことが大大大大大好きな100人の彼女』が、つまらないと言われる理由と物語の魅力について紹介します。

『君のことが大大大大大好きな100人の彼女』の魅力をわかりやすく・ネタバレなしに紹介していくので、ぜひ最後まで観ていただけたらなと思います。

・視聴や読書を考えている。
・つまらないと言われる理由や魅力を知りたい
・自分に合っている作品なのか確かめたい。
・最低限のネタバレで作品の全容を知りたい。

結論を先に述べると、『君のことが大大大大大好きな100人の彼女』の魅力とつまらないと言われる理由は以下の通りです。

物語の魅力

  1. 進むに連れて盛り上がる
  2. 主人公が好きになる
  3. 狂気的なキャラクター達
  4. ギャグ要素

つまらないと言われている理由

  1. ギャグが合わない
  2. ラブコメディとはちょっと違う
  3. 下ネタが苦手

具体的な理由に関しては、下記で紹介しています。

ここからは、基本情報➡あらすじ➡物語の魅力➡つまらないと言われている理由の順番で紹介して行きます。

『君のことが大大大大大好きな100人の彼女』について詳しく知らない方は順に読んで行くと理解しやすいように構成されているためオススメですが、気になる所を目次から飛ぶことも可能です。

『君のことが大大大大大好きな100人の彼女』とは?

『君のことが大大大大大好きな100人の彼女』は、漫画家の中村力斗さん(原作)と同じく漫画家の野澤ゆき子さん(作画)によって描かれた恋愛ギャグ漫画です。

2020年4・5合併号として週刊少年漫画雑誌を取り扱う「週刊ヤングジャンプ」で連載が始まり、14巻までが連載されています。(2023年10月19日に15巻発売)

2023年10月にはアニメ化も始まり、アニメーション制作を担当するのは「バイブリーアニメーションスタジオ」です。

「バイブリーアニメーションスタジオ」は、「五等分の花嫁」、「プリマドール」、「五等分の花嫁(劇場版)」など手掛けており、2017年に設立した制作会社です。

作画に関しては、作品によって評価が異なっていますが、『君のことが大大大大大好きな100人の彼女』に関してはPVの時点からキレイに描かれ、声優が解釈一致と感じる方も多くかなり期待されてたため、アニメから観始める方も問題なく視聴出来ると思います。

ただ、この作品の特徴として、進むに連れてキャラクター人数がどんどん増えていくため、作画が次第に悪くなる可能性もあります。

『君のことが大大大大大好きな100人の彼女』あらすじ

中学卒業時、連続失恋記録100回目に到達した愛城 恋太郎(あいじょう れんたろう)は、高校では恋愛が上手くいくように、縁結び神社でお祈りする。

お祈りをしていると、突然神社の神様が現れ、高校で運命の人100人と出会うことを告げられる。

入学初日、神様の言う運命の人、花園 羽香里(はなぞの はかり)院田 唐音(いんだ からね)と出会った恋太郎はあっという間に仲良くなり、早速2人から告白される。

どちらと付き合うか悩んだ結果、選べない恋太郎は神様に相談することに決める。

しかし、そこで告げられたのは、本来なら1人の人間に対して運命の人は1人のところ、神様のミスが原因で運命の人の桁を2ケタ多く設定されたことを知る。

そして、運命の人と愛し合って幸せになる事が出来なければ近いうちに不幸な目にあった後に死ぬ事を告げられる。

どちらかと付き合えば、もう1人は死ぬ絶望的状況に頭を抱える恋太郎は、2人を死なさずに救う方法を考える。

「2人とも俺と付き合って下さいっっ!!!!」

 

というのが、ザックリとしたあらすじになりますが、なんとなく今後の展開が読めた方もいると思います。

タイトルとあらすじの流れから、「今後も次第に彼女が増えていくんだろうな」と感じた人は正解です。

ですが、この流れが続いたとしても、次第に飽きてしまうような気もします。

実際は、キャラクターが増えるたびに物語は盛り上げって行きますが、それはなぜなのか?魅力について紹介して行きます。

『君のことが大大大大大好きな100人の彼女』のここが面白い!

魅力①:進むに連れて盛り上がる

この物語を簡単に言ってしまうと、「彼女が100人出来るまでの物語」になりますが、それだけを聴くと面白味があまり感じられないと思います。

しかし、この作品は人数が増えるごとに面白くなる物語として知られています。

その理由としては、新しくヒロインが登場するたびにギャグのレパートリーが広がることが挙げられます。

この作品を読んだことがない方は、ラブコメディやハーレム系の作品を想像して、人数が増えていった場合どのように感じるか考えたと思います。

ですが、忘れてはいけないのは、この作品が常識を逸脱した不条理ギャグであることです。

なので、「彼女が100人出来るまでの物語」と最初に予測が出来たとしても、その過程に何が起きるのか予想も付かない展開になっていることが特徴的な作品です。

彼女が次第に増えて行っても「あのキャラいたっけ?」っていう状況にならず、物語の構成自体の完成度も優れています。

魅力②:主人公が好きになる

ラブコメディやハーレムを取り扱った作品では、主人公の好き嫌いは重要なポイントになりますが、この物語の主人公愛城 恋太郎(あいじょう れんたろう)は、読んでいる多くの方に好感を持たれています。

好感を持たれる要素をまとめると以下のようになります。

・彼女全員に対する愛情が尋常じゃない

・彼女を喜ばせるためどんなことでもやる精神力

・一人一人のことを大切に愛している

・誠実恋愛モンスター

あらすじには、「運命の人と愛し合って幸せになる事が出来なければ近いうちに不幸な目にあった後に死ぬ」と書かれているように、彼女になることが出来なければ死んでしまいます。

ですが、この作品の主人公は、死なせる事を回避するために付き合っているのではなく、心の底からどのキャラクターも愛し、愛する気持ちも均等です。

主人公の純粋にみんなを愛して幸せにしたい気持ちが伝わり、愛がかたよることもないので、彼女同士がバチバチすることもなければ、むしろ仲が良いくらいです。

愛情が尋常じゃないあまり、かなりの狂人っぷりに仕上がっていますが、そこを含めて好きになれるキャラクターとなっています。

負けヒロインが登場することもないので、気楽に読むことが可能です。

魅力③:狂気的なキャラクター達

主人公は好きな人を幸せにするためなら何でもやる狂人キャラクターですが、次第に増えていく彼女達も、全てが狂気的なキャラクターです。

あらすじで登場した花園 羽香里(はなぞの はかり)は清楚系脳内ピンク、院田 唐音(いんだ からね)はツッコミ担当ツンデレです。

その他にも、本好き小動物系美少女、AI的効率主義者、とんでもない薬を発明する科学者などの個性豊か過ぎるキャラクター達が物語を盛り上げます。

これ以上言ってしまうとネタバレになってしまうので、あまり深く追求しませんが、この作品が不条理であることを改めて実感する彼女も登場するので、そこも見どころです。(6人目の彼女)

↑ここから、かなりカオスになります。

それぞれのアイデンティティが輝き、どのキャラクターも可愛くて魅力的ですが、どこかおかしい奇人変人が増えて行きます。

漫画では、野澤ゆき子さんの描く絵も彼女達の可愛さをより一層際立たせています。

魅力④:ギャグ要素

ここまでの内容を振り返ってもわかると思いますが、『君のことが大大大大大好きな100人の彼女』はギャグに重点を置いた作品です。

「ラブコメの皮をかぶったボーボボ」と一部で呼ばれるくらいに、常識には考えられないことが次々に起きる不条理ギャグとして人気の作品であり、ギャグセンス自体も人気を集めています。

主人公や主人公の彼女になるキャラクターが狂気的であり、ギャグとして盛り上げているのは実際そうですが、それ以外に登場するモブキャラクターのクセも強く、世界の常識も混沌としています。

他作品オマージュもふんだんに詰め込まれ、ギャグが合うかどうかは人それぞれになってしまいますが、ギャグ漫画としては、かなり定評のある作品に仕上がっているので、多くの方にオススメ出来る作品です。

原作漫画もオススメですが、アニメの視聴を考えている方は、下記の記事で観る事が可能な配信サービス・おすすめのサブスクリプション・無料でアニメを観る方法を紹介しているので、よければ参考にしてみてください。

【2023年秋アニメ】視聴可能な動画配信サービスとおすすめサブスクを徹底比較!

『君のことが大大大大大好きな100人の彼女』つまらないと言われる理由

つまらない理由①:ギャグが合わない

魅力の一つにギャグ要素を紹介しましたが、ギャグが合わない方もいるようです。

その理由としては、「ギャグ絵が好きではない」、「ギャグなのかギャグじゃないのか分かりにくい」などが観られました。

正直これに関しては、ジャンルをギャグに置く作品では、どの作品でも観られるため、ギャグが合わないと感じる方がいるのも納得です。

そのため、ギャグが合わないと感じる感想もいくつか観られましたが、それ以上にギャグの評価が高いのも事実です。

人によって、合う合わないは異なりますが、多くの人に好まれている作品なので、ギャグ系が好きな方はぜひ一度は読んで観て欲しい作品となっています。

つまらない理由②:ラブコメディとはちょっと違う

この物語は、ラブコメディやハーレムの王道展開とはかけ離れた異色の作品です。

そのため、ラブコメディによくある三角関係や男女が少しずつ仲良くなっていく過程を楽しみたい方には少し物足りない作品になっています。

内容自体も、ゴリゴリの恋愛漫画と言うよりかは、ギャグ恋愛漫画なので、人間関係を複雑に描いた人間ドラマを目的に観る場合はあまりオススメ出来ない内容です。

何も考えずに脳内を空っぽにして読んでも楽しめる作品です。

つまらない理由③:下ネタが苦手

最初の段階でもそうですが、読み進めていくと次第に性癖のヤバいキャラクターが溢れて来ます。

そして、男性の理想や夢がたくさん詰まったような内容もあることから、下ネタが苦手な方には少し引き気味に感じてしまうようでした。

結論下ネタが得意でない方にはオススメ出来ませんが、実はこの作品割と女性の方にも読まれています。

基本的にハーレム要素が多い作品では、あまり女性が読むことは少ないですが、この作品の特徴の一つでもある主人公に好感が持てることが他のハーレム系の作品と比べても読みやすくなっているようです。

なので、ハーレム系をあまり読まない方でも、下ネタやギャグが好きな方には案外ハマってしまう方も多いのではないでしょうか?

まとめ

今回は、2023年10月から放送されたアニメ『君のことが大大大大大好きな100人の彼女』について、どのような内容なのか?つまらないと言われる理由と物語の魅力について、紹介させて頂きました。

『君のことが大大大大大好きな100人の彼女』の魅力は以下の4つです。

・進むに連れて盛り上がる
・主人公が好きになる
・狂気的なキャラクター達
・ギャグ要素

一方、つまらないと言われる理由は以下の3つでした。

・ギャグが合わない
・ラブコメディとはちょっと違う
・下ネタが苦手

内容に深くかかわってくるネタバレを避けたため、大雑把な説明になっていた所もあるかもしれませんが、いかがだったでしょうか?

以上のことをまとめるとこの作品は、狂気的なキャラクター達と進むに連れて飽きる所か次第にカオスになっていく不条理ギャグ作品で、彼女だけではなく、主人公にも好感を持てる部分が特徴的な物語です。

王道ラブコメディを観たい方や下ネタが苦手な方には、あまりオススメ出来ませんが、ギャグ系が好きな方には男女問わずオススメ出来る作品となっているので、試しに一度読んでみてはいかがでしょうか?

最新情報をチェックしよう!