eyecatch

【2023年冬アニメ】百合×シリアス!?『転生王女と天才令嬢の魔法革命』ってどんな内容のアニメなの?面白い?つまらない?感想・評価

王宮百合ファンタジー『転生王女と天才令嬢の魔法革命』は、どのような内容?面白い?つまらない?多くの感想をまとめたので、紹介させて頂きます。

©2023 鴉ぴえろ・きさらぎゆり/KADOKAWA/転天製作委員会

2023年冬アニメとして『転生王女と天才令嬢の魔法革命』が放送開始されました。

魔法に愛されなかった異端の天才アニスフィアと、誰よりも魔法に愛された天才ユフィリアを主軸とした異世界転生ファンタジーと百合を組み合わせた物語となっています。

YoutubeのPVやTwitterなどのSNSでこの作品を知ったけれど、面白くなかったら時間の無駄だと感じる方も多いと思います。

そのような方に向けて、1か月に200話以上のアニメを視聴している私が、多くの感想を面白い要素とつまらない要素に分けて評価したので、紹介して行きます。

結果だけ知りたい人も多いと思うので、結論から先に紹介しますが、面白いと感じている人に多く見られた感想は以下の4つです。

  1. 百合要素
  2. 作画
  3. 心を揺さぶるストーリー

そしてつまらないと感じている人に多く見られた感想は以下の1つです。

  1. 転生要素の意味がない

具体的な理由に関しては、以下で紹介していますが、『転生王女と天才令嬢の魔法革命』とは、どのようなアニメなのか?についてから順に紹介しているので、気になる項目があれば目次から安易に移動できます。

それでは、『転生王女と天才令嬢の魔法革命』について紹介して行きます。

『転生王女と天才令嬢の魔法革命』とは?

『転生王女と天才令嬢の魔法革命』は、小説家である鴉ぴえろさんにより描かれたライトノベルであり、元は小説投稿サイト「小説家になろう」で連載されていました。

現在では、ファンタジア文庫で6巻、漫画では4巻まで連載されています。(2023年1月時点)

『転生王女と天才令嬢の魔法革命』の主な制作スタッフは以下の通りです。

監督:玉木慎吾

シリーズ構成:渡航

キャラクターデザイン・総作画監督:井出直美

アニメーション制作:ディオメディア

監督を務める玉木慎吾さんは、「アホガール」で初監督務め、その後「あひるの空」でも監督を務め、『転生王女と天才令嬢の魔法革命』は、それに続く3回目の監督となります。

シリーズ構成を担当する渡航さんは、ライトノベル作家であり、ラブコメの定番である「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」を書いた作者です。

そして、キャラクターデザイン・総作画監督では、ディオメディアに所属している井出直美さんが担当し、「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」や「艦隊これくしょん 艦これ」などでもキャラデザ・総作画監督を務めました。

そして、アニメの柱であるアニメーション制作を担当するのは、ディオメディアとなっており、代表作では、「あひるの空」、「ドメスティックな彼女」、「侵略!イカ娘」など、多くの人気アニメを世に出回したアニメ会社です。

『転生王女と天才令嬢の魔法革命』は、このようなスタッフから制作されるアニメとなっています。

それでは、『転生王女と天才令嬢の魔法革命』はどういった内容のアニメなのか?どのような要素が面白いのか?つまらないのか?について、詳しく紹介していきます。

『転生王女と天才令嬢の魔法革命』あらすじ

これより語られるのは、ある王国の王女様のお話。

魔法に憧れた王女様が前世の記憶を取り戻したことから始まる物語。

パレッティア王国第一王女アニスフィア・ウィン・パレッティア(アニス)は、5歳の頃に前世の記憶を取り戻す。

“空を飛ぶこと”前世では、叶うはずがなかった彼女の夢だったが、この世界では魔法で空を飛ぶことが出来る。

しかし、王族なら誰もが使える魔法を彼女は使う事はできなかった……。

17歳になったアニスは、魔法で空を飛ぶことを諦めず、人々からは、「王国一の奇人」「キテレツ王女」「最強の問題児」「魔法化学を編み出した、魔法の使えない異端の天才」などと呼ばれていた。

魔法を使い、空を飛びたいアニスは薬を使い、ついに憧れの空に飛び立つことに成功する。

前世の夢が叶った……と思ったのもつかの間、魔法が暴走し、学院の夜会に窓から突っ込んでしまう。

割り込んで入った夜会では、弟王子アルガルドがマゼンタ公爵家令嬢ユフィリアに対して婚約破棄を突き付けている場面に遭遇する。

「まじか…本当にあるんだ……よし決めた!私が攫ってあげる!」

これより語られるのは、ある王国の二人の少女のお話。

誰よりも魔法を愛しながら、魔法に愛されなかった王女の物語。

おおよそ全てを持って生まれながら、何一つ持っていなかった令嬢の物語。

二人の革命の物語、これはそんな物語の始まり。

 

では早速ですが、このアニメのどのような要素が面白いのか?つまらないのか?について、このアニメを視聴している感想を参考に紹介して行きたいと思います。

『転生王女と天才令嬢の魔法革命』は面白い?つまらない?

『転生王女と天才令嬢の魔法革命』感想

『転生王女と天才令嬢の魔法革命』感想まとめ

面白いと感じている人に多く見られた感想

  1. 百合要素
  2. 作画
  3. 心を揺さぶるストーリー

つまらないと感じている人に多く見られた感想

  1. 転生要素の意味がない

 『転生王女と天才令嬢の魔法革命』面白い要素

1.百合要素

一つ目に挙げられる面白い要素としては、百合要素になります。

百合とは、女性通しの恋愛や、恋愛に近い友情の事をさし、このアニメでも二人の主人公、アニスフィア・ウィン・パレッティア(アニス)ユフィリア・マゼンタ(ユフィ)がその百合の対象キャラクターとなっています。

アニスフィア・ウィン・パレッティア(CV.千本木 彩花)

©2023 鴉ぴえろ・きさらぎゆり/KADOKAWA/転天製作委員会

ユフィリア・マゼンタ(CV.石見 舞菜香)

©2023 鴉ぴえろ・きさらぎゆり/KADOKAWA/転天製作委員会

2022年夏アニメとして人気を集めた「リコリス・リコイル」に関しても、メインで登場するキャラクター錦木千束井ノ上たきなの百合に関するイラストがTwitterなどでたくさん描かれていました。

『転生王女と天才令嬢の魔法革命』でも、既に多くの百合イラストが描かれていたりなど、百合が好きな層からの人気は厚くなっています。

ちなみに、小説のイラストを描いているきさらぎゆり先生もイラストを挙げています。

しかし、百合要素に関して、「そんな要素はいらない」と感じている人も見られれました。

百合要素以外に関しても、ストーリーや作画などの評価も高くなっているので、百合要素に興味がないと感じている人にも勧められる内容となっています。

もちろん百合要素が好きな方が楽しめるのも事実です。(笑)

2.作画

次の面白い要素としては、作画になります。

上記で紹介しましたが、アニメーション制作を行っているのは、ディオメディアです。

実はディオメディアは少し前までは、作画に関してはあまり評判のよろしくないアニメ会社でした。

というのも、2019年に公開された「ドメスティックな彼女」では、話数が重なるごとに作画が悪くなり原作者からもダメ出しをされ、「あひるの空」でも原作者からダメ出しをされていました。

ギャグアニメには人気がありましたが、ギャグアニメ以外に関してはあまり期待されていませんでした。

ですが、『転生王女と天才令嬢の魔法革命』では、そのキレイな作画から本当にディオメディアが制作したのか!?などの驚きの声も多く上がっていました。

3.心を揺さぶるストーリー

面白い要素として、百合要素や作画について紹介しましたが、百合要素が多くても、作画が良くてもストーリーが面白くなければ意味がありません。

では、このアニメのストーリーはどうなのか?について触れたいと思います。

そもそも、この物語では、王宮百合ファンタジーとざっくり明記されていますが、それ以外にもギャグ要素、シリアス要素、バトル要素といったように様々な要素が組み合わさっています。

複数の要素がありますが、特に注目して欲しいのはシリアスの存在です。

一見すると『転生王女と天才令嬢の魔法革命』はただの百合系だと思われるかも知れません。

しかし、多くの人に面白いと感じさせる理由としては、百合とシリアスを結び付けた事で心揺さぶられる展開になっていることです。

魔法を愛しながら、魔法に愛されなかった王女アニス、おおよそ全てを持って生まれながら、何一つ持っていなかった令嬢ユフィ。

この二人が出会い、ただ単に少しずつ心情が変化していくだけではなく、シリアス要素も組み合わさったことで、より一層感情移入出来るストーリーとなっています。

※シリアスと言っても、重いシリアスではないので、シリアス系が苦手な人もご安心ください。

4.

そして、最後に挙げる要素としては、曲(OP、ED)についてになります。

『転生王女と天才令嬢の魔法革命』のOPは、花たんさんが歌う「アルカンシェル」になります。

透き通る美しい歌声や物語の雰囲気にあった歌詞や映像などから、人気を集めていますが、この曲を歌っている花たんさんはどういった方なのでしょうか?

花たんさんは、歌い手や同人音楽ボーカルであり、今はVtuberとしても活動しており、チャンネル登録数は18万人を超えています。

歌い手時に歌ったボーカロイド曲「ロミオとシンデレラ」の総再生数は2800万を超え、現在でも多く聞かれています。

そして「アルカンシェル」の作詞作編曲をしているのは、「ロミオとシンデレラ」などでも作詞作編曲をしていたdorikoさんです。

ED曲では、アニスフィア・ウィン・パレッティアの声優千本木彩花さんとユフィリア・マゼンタの声優石見舞菜香さんが歌う「Only for you」になります。

ED曲は、歌っている声優さんが演じるキャラクター(アニスとユフィ)の思いが込められた歌詞となっています。

ちなみに、サビの演出で目がチカチカすると言った感想も目立ちました。

OP曲の方が人気がありましたが、こちらも劣らず『転生王女と天才令嬢の魔法革命』の世界観にあっているので、是非聞いてみてください。

 『転生王女と天才令嬢の魔法革命』つまらない要素

1.転生要素の意味がない

一方つまらない要素では、あまり目立った感想はありませんでしたが、その中でも多かったのは転生要素がある意味についてでした。

この物語では、アニスが5歳の時に前世の記憶を思い出し、前世で叶うはずのなかった夢、空を飛ぶ事を目指しこの世界で奮闘します。

しかし、わざわざ転生と言った現代要素を入れるぐらいなら、最初から空を飛ぶ事を目指している少女の方が違和感なく視聴出来るのでは?などの感想がありました。

とはいえ、現代にある道具や技術などを使うなどの転生要素を組み込んでいる事から、一概に転生要素の意味がないとは言えないため、意見も分かれていました。

まとめ

今回は、2023年1月から新しく放送されたアニメ『転生王女と天才令嬢の魔法革命』について、どのような内容のアニメなのか?どういった要素が面白いと感じつまらないと感じるのか?について紹介させて頂きました。

結論として、面白いと感じている感想の中で、多く見られた理由としては、以下の4つになりました。

1.百合要素

2.作画

3.心を揺さぶるストーリー

4.

それに対して、つまらないと感じている感想の中で、多く見られた理由としては以下の1つでした。

1.転生要素の意味がない

多かった感想をまとめているため、少数の感想に関してはあまり触れていませんが、『転生王女と天才令嬢の魔法革命』の視聴を考えている方の参考になれば幸いです。

eyecatch
最新情報をチェックしよう!