『白聖女と黒牧師』つまらないと言われる理由と魅力を徹底解説

2023年7月から夏アニメの一つに『白聖女と黒牧師』が放送されました。

 
メイト先生
この物語は、牧師の前ではダラける聖女様と鈍感な牧師を中心に描かれる無自覚イチャラブコメディです。

架空のファンタジー世界にある教会での日常を描いているこの作品は、ほのぼのとした空気感から得られる癒しと主人公セシリアの可愛さに重点を置いた物語です。

癒し系やほのぼのとした日常・ラブコメディを好きな人から支持されている作品ですが、アニメ化をきっかけに興味を持った人にはこの作品が世間的にどのような評価をされているか気になる人も多いと思います。

今回は『白聖女と黒牧師』がつまらないと言われる理由とこの物語の魅力をまとめ、オススメできる人とできない人について紹介します。

この作品の内容を詳しく知らなくても、理解できる内容になっており、内容に深く関わるネタバレはできるだけ避けているのでネタバレNGの人もご安心ください。

・つまらないと言われる理由や魅力を知りたい
・世間的評価を知りたい
・視聴するか迷っている
・自分に合っているか確かめたい

結論だけ知りたい人に向けて、物語の魅力つまらないと言われる理由を先に紹介すると以下の通りです。

物語の魅力

  1. 可愛い聖女様(セシリア)
  2. 聖女と牧師の距離感
  3. 作画・背景・色彩

つまらないと言われる理由

  1. 恋愛が発展しない
  2. アベルが邪魔

具体的な理由に関しては、下記で紹介しています。

つまらない理由と魅力を紹介する前に『白聖女と黒牧師』について、基本情報とあらすじについて簡単に紹介します。

『白聖女と黒牧師』とは?

『白聖女と黒牧師』は、漫画家、兼イラストレーターの和武はざのさんによって描かれた漫画です。

和武はざのさんは、一時期話題になったラブコメディ「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件」の小説イラスト(第一巻)を描いており、X(旧Twitter)フォロワー数は26万人を超える人気イラストレーターです。

アニメ放送時には、毎話ごとにイラストを投稿していましたが、正直めちゃくちゃ可愛いです。(笑)

2017年に少年漫画雑誌を取り扱う「少年マガジンR」の3号として連載が始まり、現在では「月マガ基地」で連載されています。

2023年8月時点で12巻までが刊行され、7月にはアニメとして放送されましたが、アニメーション制作を担当したのは「動画工房」です。

「動画工房」の制作したアニメは「干物妹!うまるちゃん」、「NEW GAME!」、「ガヴリールドロップアウト」、「ダンベル何キロ持てる?」や世界中で話題になった「【推しの子】」などが挙げられます。

作画に関しては、一時期作画崩壊しているアニメもありましたが、現状では評判が良い制作会社として知られています。(詳しくは魅力で紹介しています)

『白聖女と黒牧師』あらすじ

とある教会。そこには可愛いけどだらけグセのある聖女さまと、
真面目で過保護で料理上手な牧師さまが住んでいました。
穏やかな日々の中で、密かに恋する聖女と鈍感な牧師が
繰り広げる、”無自覚いちゃラブコメ”。
もどかしい二人の関係が行きつく先は――!?

©和武はざの・講談社/「白聖女と黒牧師」製作委員会

セシリア(聖女様)

©和武はざの・講談社/「白聖女と黒牧師」製作委員会

ローレンス(牧師)

©和武はざの・講談社/「白聖女と黒牧師」製作委員会

『白聖女と黒牧師』の魅力

ここからは『白聖女と黒牧師』の魅力について解説して行きますが、若干のネタバレが含まれています。

※大きなネタバレは含まず、内容に深く関わるようなネタバレはオブラートに包んでいますが、それでもネタバレを避けたい方はこの先は非推奨です。

魅力①:可愛い聖女様(セシリア)

この物語の主人公セシリアは、街の人々から慕われ聖女としての役目を果たしている少女です。

出典:白聖女と黒牧師

人前では聖女としての姿を振舞う彼女ですが、家や牧師のローレンスの前では聖女とは程遠いだらけた姿に変貌します。

出典:白聖女と黒牧師

見た目も人気のあるキャラクターですが、聖女である姿と聖女ではない姿のギャップにも可愛さが詰まっています。

その他にも、生活能力がだらしない姿や、おっちょこちょいな姿、反応や表情・仕草などを含めて可愛さ全開のキャラクターです。

↓ジェラシーを感じた時に出る「じぇら…」

出典:白聖女と黒牧師

魅力②:聖女と牧師の距離感

メインキャラクターになっているセシリアとローレンスになっていますが、前述にもあった通り牧師のローレンスはとても鈍感です。

その一方、聖女のセシリアはローレンスに対して好意を抱いています。

ローレンの前ではだらける仕草や表情からも好意を抱いているのはまるわかりですが、自分に向けられる好意に関しては激しく鈍感であるため気付きません。

セシリアはセシリアで、ローレンスに好意を抱いているのは自覚していますが、ローレンスに対して無自覚に好きという気持ちを伝えているような行動をします。

比較的に好意に気付かない鈍感キャラクターは嫌われる傾向にありますが、この物語の場合ローレンスが鈍感だからこそ絶妙にすれ違う二人の距離感を味わえます。

魅力③:作画・背景・色彩

序盤にも挙げた通りこの作品はほのぼのとした日常をメインに描かれる癒し系ストーリーです。

原作では、作者の和武はざのさんが描く作風にセシリアの可愛さとゆるふわな雰囲気から癒しを得られますが、アニメでも負けじと素晴らしい仕上がっており、とても評価されています。

原作通りのゆるふわな雰囲気はそのままに背景や色彩からは視覚的にも癒される作風になっています。

仕草や表情など細かい部分まで丁寧に描かれている事で、この作品の特徴の一つでもあるセシリアの可愛さが引き出されていました。

アニメーション制作を担当した「動画工房」は、一時期作画に難があるアニメもありましたが、現在は評判の良い制作会社と知れ渡り、今後も作画は安定し続けると注目されています。

その秘密には、『白聖女と黒牧師』の前に制作した「【推しの子】」から若手アニメーターを指導する作画育成監督という新たな役職が追加されたことが挙げられ、「【推しの子】」と同じ作画育成監督が今回でも担当していました。

以上3つの魅力を紹介しましたが、『白聖女と黒牧師』を含めた2023年夏アニメを視聴可能なサブスクリプションに関しては下記の記事で紹介しています。

おすすめのサブスクリプションや無料でアニメを観る方法も紹介しているので、アニメで視聴を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

【2023年夏アニメ】視聴可能な動画配信サービスとおすすめサブスクを徹底比較!


白聖女と黒牧師(1) (月刊少年マガジンコミックス)

『白聖女と黒牧師』つまらないと言われる理由

前提に、ここではSNSで多く見られた否定的な感想をまとめていますが、ラブコメディや癒し系が好きではない人からの否定的な感想はあったものの、ラブコメディや癒し系が好きな人からは好評な作品です。

ここからはつまらないと言われる理由をまとめていますが、面白いと感じている人に比べてつまらないと感じている人は圧倒的に少なかったので、その中でも比較的多く観られた感想をまとめました。

つまらないと言われる理由①:恋愛が発展しない

ラブコメディは、主人公とヒロインの距離が少しずつ縮まっていく過程を楽しむのも一つの魅力です。

しかし『白聖女と黒牧師』では、二人の恋愛が中々発展しないため盛り上がりに欠けていると感じる人もいるようです。

正直な所、恋愛が発展しないことに関しては的を射る感想であり、12巻まで刊行されている作品ではありますが、恋愛は中々発展していません。

展開自体にも、特別盛り上がるような場面があるわけでもないため、ラブコメディとして関わり始めてから付き合うまでの過程を楽しみたい人には少し物足りなく感じられるかもしれません。

二人が無自覚にイチャイチャしている様子を楽しめる人にオススメの物語になっています。

つまらないと言われる理由②:アベルが邪魔

ここに来るまで、『白聖女と黒牧師』のキャラクターは聖女のセシリアと牧師のローレンスが登場しましたが、そのほかに、ローレンスの友人であるアベルと名家の少女ヘーゼリッタがメインキャラクターとして登場します。

アベルはとある理由から、ローレンスの教会で働くことになりますが、セシリアとローレンスの関係を見続けたい人からは邪魔者扱いされていました。

この感想は主にアニメから観始めた人からの感想であり、序盤に多く観られました。

実際アベルは、周りの状況から察して行動することができて、セシリアとローレンスの関係を見守っている有能ツッコミキャラです。

しかし序盤では、実際には真逆ですが、二人の恋路を邪魔するキャラクターに観えた人も多く、邪魔だと思われてしまっているようでした。

物語を盛り上げてくれるキャラクターであり、次第に好きになっていくようなキャラクターです。

まとめ

今回は、2023年7月から放送されたアニメ『白聖女と黒牧師』について、どのような内容なのか?つまらないと言われる理由と物語の魅力について、紹介させて頂きました。

まとめると、『白聖女と黒牧師』の魅力は以下の3つです。

・可愛い聖女様(セシリア)
・聖女と牧師の距離感
・作画・背景・色彩

一方、つまらないとされる理由は以下の2つです。

・恋愛が発展しない
・アベルが邪魔

内容に深くかかわってくるネタバレを避けたため、大雑把な説明になっていた所もあるかもしれませんが、いかがだったでしょうか?

以上のことをまとめると『白聖女と黒牧師』は、ローレンスが好きなセシリアとセシリアの気持ちに気付かないローレンスによる無自覚いちゃラブコメディです。

ゆるふわな雰囲気・可愛さ全開のセシリア・ほのぼのとした作風が特徴的であり、癒し系が好きな人にオススメの作品ですが、恋愛が発展していく過程を観たい人には少し物足りなさを感じると思います。

和武はざのさんの描く原作、「動画工房」が制作したアニメ。

どちらから観ても楽しめると思いますので、気になった方はぜひみてみてください。


白聖女と黒牧師(1) (月刊少年マガジンコミックス)
最新情報をチェックしよう!