『お嬢と番犬くん』つまらないと言われる理由と魅力を徹底解説

 
メイト先生
この物語は、ヤクザの組長の孫とその世話係を務める若頭の恋愛模様を描いたラブコメディです。

少女漫画として女性を中心に人気を集め、累計発行部数は既に250万部を突破している作品です。

2023年10月にはアニメとして放送されましたが、今回は『お嬢と番犬くん』がつまらないと言われる理由と物語の魅力について紹介します。

『お嬢と番犬くん』の魅力をわかりやすく・ネタバレなしに紹介していくので、ぜひ最後まで観ていただけたらなと思います。

結論を先に述べると、『お嬢と番犬くん』の魅力とつまらないと言われる理由は以下の通りです。

物語の魅力

  1. 頑張り屋の一咲
  2. 啓弥がかっこいい
  3. 絵がキレイ

つまらないと言われている理由

  1. カクカク作画
  2. ツッコミどころが多い
  3. 年の差が違和感

具体的な理由に関しては、下記で紹介しています。

ここからは、基本情報➡あらすじ➡物語の魅力➡つまらないと言われている理由の順番で紹介して行きます。

『お嬢と番犬くん』について詳しく知らない方は順に読んで行くと理解しやすいように構成されているためオススメですが、気になる所を目次から飛ぶことも可能です。

『お嬢と番犬くん』とは?

『お嬢と番犬くん』は、漫画家のはつはるさんによって描かれた少女漫画です。

はつはるさんの他作品では、「好きにならないよ、センパイ」、「毎日キスしていいですか?」があり全て少女漫画となっています。

2019年1月号として講談社が発行する少女向け漫画雑誌「別冊フレンド」で連載が始まり、現在も連載中の作品です。

2023年10月にはアニメとして放送されましたが、アニメーション制作を担当するのは「project No.9」です。

「project No.9」は、「弱キャラ友崎くん」、「りゅうおうのおしごと!」、「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件」などの有名作をいくつも制作してきた制作会社です。

作画に関しては、作品ごとに評価は変わっていますが、全体的に作画のクオリティは高いです。

しかし、進むに連れて作画が悪くなって行く作品も多くあることから、賛否両論の意見が存在しています。

『お嬢と番犬くん』の作画については、後に詳しく紹介していますが、PVの段階から既に作画が怪しくなっているようでした。

『お嬢と番犬くん』あらすじ

5歳の時に両親を亡くした瀬名垣 一咲(せながき いさく)は、唯一の肉親である祖父に育てられてきた。

しかし、祖父がヤクザの組長をしていることで周りから避けられ、ロクに友達も出来なかった。

普通の青春を送りたい一咲は、高校入学を機会にあえて遠い学校を選び、友達作りや学校行事にいそしみ、平凡で幸せな恋を望んでいた。

入学式当日、新しく始まる新生活にドキドキしながら迎えた初日だったが、そこに現れたのは10年以上一咲の世話係をしてきた組の若頭宇藤 啓弥(うとう けいや)だった。

一咲に近付く男達から守るために裏口入学をした彼は、男を近づけない気満々。

そんな啓弥に対して、若干呆れ気味の一咲だったが、ずっと昔からひそかに恋心を抱いていた。

平凡で幸せな恋とは程遠い、ヤクザに恋をしてしまった少女の物語。

ヤクザと少女の組み合わせた作品は、アニメ化している作品でも「ヒナまつり」や「組長娘と世話係」などがありますが、アニメ化された少女漫画のくくりで観ると珍しい作品です。

少女漫画の中には、男性からも人気が高い作品がいくつもありますが、この作品の場合は圧倒的に女性人気が高い作品です。

『お嬢と番犬くん』のここが面白い!

魅力①:頑張り屋の一咲

この作品の主人公瀬名垣 一咲(せながき いさく)は、ちょっとポンコツなほわっとした姿が可愛らしいお嬢です。

見た目も可愛らしいですが、誰もが可愛いと思える見た目よりかは、良くも悪くも可愛すぎない姿になっています。

そんな一咲ですが、見た目だけではなく性格を含めて可愛いと思われるキャラクターとなっています。

ポンコツでコミュ障、運動出来ないダメダメヒロインですが、彼女なりに努力している姿に好感を持てると思います。

新しい平凡で幸せな恋を求めているにも関わらず、啓弥に対する気持ちが中々離れない一途な面に好感を持てる方も多く観られました。

魅力②:啓弥がかっこいい

一咲が恋心を抱いている男性、宇藤 啓弥(うとう けいや)も少女漫画の展開を盛り上げる重要な存在になっています。

一咲の10歳年上、26歳の啓弥は、16歳の時から世話係をして来ました。

そのため、一咲に対して特別な感情を抱いていますが、それは保護者目線で大切に扱っているようにも、恋心を抱いているようにも見えます。

一咲に悪い虫が付かないようにタイトル通り番犬くんとしてそばで見守っており、一咲に危機が迫ると多少強引にはなりますが、助けてくれる存在です。

その強引さとスマート感漂う大人としての対応にカッコよさを感じ、普段見せない仕草や表情にも色気が漂っています。

魅力③:絵がキレイ

少女漫画として、絵のクオリティは外せないですが、はつはるさんの描く絵も人気が高いです。

体型やファッションなど細かく描かれる人物像だけではなく、背景に映る景色や家具が全て丁寧に描かれています。

アニメの作画に関しての評価は低いですが、漫画原作自体に評価は高いため、アニメと漫画の場合、圧倒的に漫画の方がオススメです。

アマゾンプライム会員の方は、1巻をkindleで無料で読めるので、試しに読んでみてはいかがでしょうか?

『お嬢と番犬くん』つまらないと言われる理由

つまらない理由①:カクカク作画

原作の絵は丁寧でキレイですが、アニメの作画では、放送が始まるPVの段階からも心配の声が挙がっていました。

そして、放送されてもなお改善されることなく、残念な結果になっていました。

制作会社の「project No.9」は、『お嬢と番犬くん』と同時期に放送されたアニメとして「ひきこまり吸血姫の悶々」と「豚のレバーは加熱しろ」の3作品を制作しています。

通常の制作会社では、1クールに1作品から2作品を手掛けることが一般的ですが、同時に3作品を制作したことが痛手となっているようでした。

ちなみに、他の2作品の作画に関しては、『お嬢と番犬くん』ほど乱れてはいませんでした。

作画は少し残念な仕上がりになっていますが、オーイシマサヨシが歌うOP「好きになっちゃダメな人」や一咲の声優、鬼頭明里さんが歌うED「Magie×Magie」の曲人気は高く、声優さんの演技、テンポ、EDの作画など、アニメとしての見どころもあります。

アニメの視聴を考えている方は、下記の記事で観る事が可能な配信サービス・おすすめのサブスクリプション・無料でアニメを観る方法を紹介しているので、よければ参考にしてみてください。

【2023年秋アニメ】視聴可能な動画配信サービスとおすすめサブスクを徹底比較!

つまらない理由②:ツッコミどころが多い

この作品は、高校生の少女とヤクザの恋愛を描いています。

現実の恋愛では観られない展開が少女漫画の良い所でもありますが、現実味がない場面に疑問を抱く方もいるようでした。

「高校生に紛れ込むのは流石にキツイ」、「裏口入学出来るなら教職員としてでも良かったのでは?」、「ヤクザの仕事を放置しているけど大丈夫?」など、設定に違和感がいくつもみられることが要因になっていました。

基本的に恋愛がメインとなっているため、多少気になる部分があっても、スルーしてしまえば問題ないですが、細かい所まで気にしてしまう方には、少しオススメしにくいです。

つまらない理由③:年の差が違和感

16歳の高校生一咲と世話係をする啓弥の年齢は26歳であり、10歳の差が離れています。

年の差恋愛を題材にした作品はいくつもあり、好きな方も多くいると思いますが、どのくらい年齢差があるのかは作品によって異なります。

年の差恋愛の中で、10歳の差が離れているのは割と平均的ですが、年齢差が離れているラブコメディに違和感を感じてしまうようです。

年齢差がある恋愛作品では、初々しい少女と恋愛を知り尽くす男性の構図もありますが、啓弥は大人にしては恋に疎いキャラクターであり、年の差恋愛が好きな方の中にも、合わない方もいるようでした。

少なくとも、年の差が離れている恋愛ものが苦手な方にはオススメはしませんが、ピュアな恋愛が好きな方にはオススメです。

まとめ

今回は、2023年10月から放送されたアニメ『お嬢と番犬くん』について、どのような内容なのか?つまらないと言われる理由と物語の魅力について、紹介させて頂きました。

『お嬢と番犬くん』の魅力は以下の3つです。

・頑張り屋の一咲
・啓弥がかっこいい
・絵がキレイ

一方、つまらないと言われる理由は以下の3つでした。

・カクカク作画
・ツッコミどころが多い
・年の差が違和感

内容に深くかかわってくるネタバレを避けたため、大雑把な説明になっていた所もあるかもしれませんが、いかがだったでしょうか?

以上のことをまとめるとこの作品は、16歳の高校生少女と26歳の世話係ヤクザの恋愛を描いた女性人気の高い作品です。

年の差恋愛や現実味のない展開など、人によって好みが別れる作品ですが、累計発行部数250万部を突破している作品なので、気になった方は試しに観てみてはいかがでしょうか?

最新情報をチェックしよう!