『うちの会社の小さい先輩の話』つまらないと言われる理由と魅力をネタバレなしに徹底解説

2023年7月から、夏アニメに『うちの会社の小さい先輩の話』が放送されました。

 
メイト先生
この物語は、入社3年目の小さくてかわいい先輩と入社したばかりの新人後輩の他愛もない様子を描いたオフィスラブコメディです。

アニメ放送時には、シリーズ累計70万部を突破しており、癒し枠として知られるこの作品を気になっている方も多いですが、ネットでは「気持ち悪い」「パクリ」など否定的な感想も耳にします。

今回は、『うちの会社の小さい先輩の話』の視聴を考えている方に向けて、つまらないと言われる理由と、この物語の魅力を最小限のネタバレに留めた上で紹介します。

・つまらないと言われる理由が知りたい方
・この作品の魅力を知りたい方
・『うちの会社の小さい先輩の話』を視聴するか迷っている方

結論だけ知りたい方のために、つまらないと言われる理由と、この物語の魅力を先に紹介すると以下の通りです。

つまらないと言われる理由

  1. 内容が薄い
  2. 主人公の心の声が気持ち悪い
  3. ヒロインが好きになれない

物語の魅力

  1. 癒し要素
  2. 可愛いキャラクターデザイン
  3. 脳死で観れる

具体的な理由に関しては、下記で紹介しています。

つまらない理由と魅力を紹介する前に『うちの会社の小さい先輩の話』について、簡単に基本情報とあらすじについて簡単に挙げさせていただきます。

『うちの会社の小さい先輩の話』とは?

『うちの会社の小さい先輩の話』は、漫画家の斎創先生によって描かれたラブコメディです。

2020年4月から竹書房が運営するウェブコミック配信サイト「ストーリアダッシュ」により連載が始まり、6巻までが刊行されています。(2023年7月時点)

2023年7月からアニメとして始まり、アニメーション制作を手掛けるのは「project No.9」です。

project No.9が制作してきたアニメは「りゅうおうのおしごと!」、「弱キャラ友崎くん」、最近では「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件」などを手掛け、作画に関しては定評のある制作会社です。

『うちの会社の小さい先輩の話』あらすじ

キャラクター企業ではたらく、入社1 年目の篠崎拓馬。

彼のそばにはいつも、「とんでもない癒し」があった。

それは、入社3年目の、小さくてかわいい先輩・片瀬 詩織里。

後輩想いで褒め上手な詩織里は、何かと篠崎を気遣ってくれる。

自然と距離感近め、どこか天然なその振る舞いに、

篠崎は毎日癒やされつつも意識しっぱなし。

はたしてただの先輩後輩から、ふたりの関係は変わっていくのか……?

ずーっと見守りたくなる、

お砂糖系オフィスラブコメはじまります!

©斎創・竹書房 /「うちの会社の小さい先輩の話」製作委員会

『うちの会社の小さい先輩の話』つまらないと言われる理由

まず初めに、この物語はジャンルとして、ラブコメディを取り扱った作品です。

ここでは、基本的にTwitterで多く見られたつまらないと感じる感想をまとめていますが、「ラブコメディが好きではない」のような個人的な感想は除いているのでご了承ください。

では、つまらないと言われている理由について紹介して行きます。

つまらない理由①:内容が薄い

『うちの会社の小さい先輩の話』の展開としては、社会人生活を送っている中で起きるちょっとした出来事を、職場の先輩後輩である二人の他愛もない会話が様々なパターンで繰り返す展開になっています。

そのため、物語が大きく盛り上がるような場面はあまりありません。

もちろんラブコメとして盛り上がる部分もありますが、同じような流れが繰り返しワンパターン化されていることにつまらないと感じるようです。

つまらない理由②:主人公の心の声が気持ち悪い

この物語の主人公、入社1年目の篠崎 拓馬(しのざき たくま)ですが、気遣ってくれるヒロインに対して妄想する癖があります。

この妄想が下ネタを含むことがほとんどであるため、下ネタ系が苦手な方を中心に1話で視聴を辞めているようです。

妄想癖のあること以外に関しても、声が好きではない、ツッコミがつまらないと言った感想もありました。

つまらない理由③:ヒロインが好きになれない

ヒロイン片瀬 詩織里(かたせ しおり)の特徴としては、低身長でありながら胸の大きく、いわゆるロリ巨乳と言われるキャラクターです。

見た目に関しては、基本的にどの物語に関しても好みが分かれるため、深く追求はしませんが、好きになれないと感じてしまう部分は「言動」にあるようです。

片瀬 詩織里は、主人公を気遣い親身に接してくれますが、現実の女性にはありえない接し方や言動をする部分が腑に落ちない方も多く観られました。

男性目線としては、「このような女性がいたらいいな」と感じる方もいるように、理想的な女性像が描かれていますが、女性目線からは職場を題材にしていながら現実味のない言動や接し方をするヒロインに理解出来ない方もいるようでした。

つまらないと言われる理由を3つほど挙げさせて頂きましたが、この作品がパクリと言われている理由に関しては、タイトル名がしろまんた先生の描いている「先輩がうざい後輩の話」に似ているぐらいであり、その他にこれといった大きなパクリ要素は見受けられませんでした。

『うちの会社の小さい先輩の話』の魅力

ここからは『うちの会社の小さい先輩の話』の魅力について解説して行きますが、まずはじめに、この物語を深く知ってもらうため、ここからは若干のネタバレが含まれています。

※大きなネタバレは含まず、ある程度オブラートに包んでいますが、それでもネタバレを避けたい方はブラウザーバックを推奨します。

魅力①:癒し要素

『うちの会社の小さい先輩の話』を視聴するにあたって特に肝となっている部分はこの癒し要素です。

先輩ヒロインの片瀬 詩織里の癒しに重点を置いているため、作品の道中では疲れ切った現代社会人に刺さるような癒しがいくつも登場します。

先輩と後輩の二人の掛け合いにも癒されますが、後輩思いに尽くしてくれる先輩に思わず、「こんな先輩がいたらいいのに」と思ってしまうほど癒し要素が多く登場します。

魅力②:可愛いキャラクターデザイン

漫画とアニメどちらにも言える事ですが、可愛く描かれているキャラクターデザインも魅力の一つです。

ヒロインの片瀬 詩織里は、時に可愛らしい猫のような側面を見せる事から、実際には猫ではありませんが、猫化した描写に変わっている部分が原作では多々観られました。

アニメでも、しっかりと忠実に再現されており、原作にあっているふわっとしたキャラクターデザインや猫のミニキャラ描写がキレイに可愛く描かれていました。

魅力③:脳死で観れる

つまらないと言われる理由では、「内容が薄い」ことが、つまらないと感じさせる一つの要因でした。

物語が大きく発展することはないため、内容重視の方には少し物足りないかも知れません。

しかし、このずっとほんわかした雰囲気や空気感が続くため、常に癒されながら視聴をすることが出来ます。

自分好きなペースで読める原作も良いですが、アニメもかなりゆったりとしたペースになっているので、作業しながらこのアニメを観るのも丁度いいと思います。

以上3つの魅力を紹介しましたが、『うちの会社の小さい先輩の話』を含めた2023年夏アニメを視聴可能なサブスクリプションに関しては下記の記事で紹介しています。

おすすめのサブスクリプションや無料でアニメを観る方法も紹介しているので、アニメで視聴を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

【2023年夏アニメ】視聴可能な動画配信サービスとおすすめサブスクを徹底比較!

まとめ

今回は、2023年7月から放送されたアニメ『うちの会社の小さい先輩の話』について、どのような内容なのか?つまらないと言われる理由と物語の魅力について、紹介させて頂きました。

まとめると、『うちの会社の小さい先輩の話』がつまらないとされる理由は以下の3つです。

・内容が薄い
・主人公の心の声が気持ち悪い
・ヒロインが好きになれない

一方、この物語の魅力では、以下の3つが挙げられます。

・癒し要素
・可愛いキャラクターデザイン
・脳死で観れる

内容に深くかかわってくるネタバレを避けたため、大雑把な説明になっていた所もあるかもしれませんが、いかがだったでしょうか?

つまらないと言われる理由と物語の魅力をそれぞれ3つずつ紹介しましたが、この作品の最も需要ある部分は「癒し要素」が多く含まれている所です。

もちろんラブコメディとしてのどのように関係が進展して行くのか?という過程もラブコメディ好きには欠かせない重要な部分ですが、一つのラブコメディとして観るよりも、癒されたいから観ると言った方が、この物語を好きになると思います。

あくまで私個人的な感想になってしまいますが、癒し要素が多く含まれているので、「癒しが足りない!」と感じている方はぜひ一度観てみてください。

この記事を読んだことで、『うちの会社の小さい先輩の話』に興味を持つ方がいてくださると幸いです。


うちの会社の小さい先輩の話【特典ペーパー付き】【カラーページ増量版】 (1) (バンブーコミックス)
最新情報をチェックしよう!